お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 キッズカラーの企業情報

株式会社 キッズカラー

期待のベンチャー!社会問題化する保育にいち早く取り組む『HoiClue♪』

インキュベーターも期待する保育士支援(子育ち支援)サービス。保育士の支持を集めて拡大中

株式会社キッズカラーは、「子どもの”イマ”を虹色に。」という想いの元、「子どもとの関わりがもっと楽しくなる社会の実現」をミッションに、保育士を中心に子どもに関わる大人を対象とした保育情報共有サイト『HoiClue♪』を運営する会社だ。「遊び」をメインに、子どもはもちろん、大人もおもわずワクワクするような情報を発信している。

『HoiClue♪』を始めたのは、代表取締役社長の雨宮みなみ氏。元保育士だ。中学生の時の職場体験をきっかけに保育士を目指し、念願の保育士に。しかし保育の現場では保育士の離職が多く、「時には親より長く子どもと関わる保育士がこのような状況にいて良いのだろうか。これで子どもの育ちが保たれるのか」と疑問に感じたという。居てもたってもいられない気持ちで始めたのが『HoiClue♪』だ。「当時、子育て支援は多くありましたが、保育士を支援するものはほとんどありませんでした。支援というとおこがましいですが、私が日頃、『こんなのあるといいな』と思っていたことを形にしようと思いました」と、雨宮氏は言う。

108891子どもたちのための保育情報共有サイト『HoiClue♪』
108879

『HoiClue♪』は今、ワンステップ上を目指そうというステージにある 

そこに現れた援軍が、代表取締役副社長の平松大昌氏。経験豊富なシステムエンジニアだ。当時、既にインターネットが発達していたにも関わらず、保育士の主要な情報収集源といえば保育雑誌だった。そのアナログな現状に驚き、何かできることがあると確信。以後、雨宮氏と二人三脚でやってきた。

当初は、雨宮氏が自身の経験をもとに一人で記事を作成していた。「最初は絵もちゃんと描けていないし、文章の作り方もわからなくて。一つ一つ作る中で、ポイントを見つけてやってきたんです」と、雨宮氏は当時を振り返る。手探りでの運営だったが、その思いと、現場経験のある保育士ならではの視点が響いたのだろう。当初は月額300円の課金制で運営(今は無料)していたにもかかわらず、会員は10,000人にまで達した。10,000人というと決して多くはないが、一個人が手作りで始めたことを考えると、改めて雨宮氏のバイタリティーとこのメディアの潜在力を感じさせる数字だ。

雨宮氏のアイディアに平松氏が加わってシステム面が強化され、少しずつ拡大してきた『HoiClue♪』は今、ワンステップ上を目指そうというステージにある。2014年1月には、株式会社サムライインキュベートから出資を受けた。ビジョンの確かさや将来性を評価されてのことだろう。この1~2年は、待機児童の増加や保育士不足など、保育にまつわる様々な問題が社会でクローズアップされている。いち早く、独自のアプローチでこの問題に取り組んできたのが『HoiClue♪』であり、キッズカラーだ。同社にやれること、同社がやるべきことはまだまだたくさんある。

遊び心を忘れない人、来たれ!子育てしながら自然体で働く環境も模索中

世の中に子育てを支援するWebサイトは数多くある。だが、どちらかというと子育てのノウハウを紹介したものや、いかに賢い子どもに育てるかといった視点のものが多い。『HoiClue♪』は違う。理念そのままに、子ども視点であることが最大の特長だ。

「ただの便利なサイトにはしたくないんです。遊び方や作り方を説明するハウツーのサイトでもない。例えるなら、『コップ2個と毛糸を用意して、このように作りましょう』ではなく、『毛糸を二回線にしたらどうなる?ものすごーく長くしてみたら?』と、思いもかけない方向に展開するようなきっかけを大切にすることで豊かな発想や豊かな時間につながるサイト。便利さではなく、ワクワクを追求するサイトなのです」と、雨宮氏は言う。

「遊び」という他にあまりない視点で、ゼロから新しいものを作る。その独特な世界観を追求する上で大事なのは、作っている人自身が楽しく、ワクワクすることだ。求める人材像で言うならば、子どもの心や遊び心を忘れない人がいいだろう。

心の奥底にそんなワクワクを抱えている人は、実は、案外いるのではないか。「例えばエンジニアなら、原点にものづくりが好きという気持ちがある。そこは当社と通じると思うんです」と、エンジニアを代表して平松氏は言う。
「よくある『IT×子ども』という枠にはめたものではなく、子どもの「やりたい!」を実現するための手段の一つがたまたまITというイメージであり、ITで何ができるかなというアプローチ。想像して、手を動かしてワクワクを形にする。キッズカラーが手がけているのはそういうことです」。

この言葉に興味を持った人は、ぜひ一度訪ねてほしい。同社は今、ワクワクする気持ちを秘めた多くの人との出会いを期待している。

今後ますます、ユーザーは増えるだろう。国境を越えて遊び情報を共有できたら、さらに楽しさは広がる。だから海外展開も視野に入れている。展望は果てしないが、キッズカラーという会社自体は、まだまだ可能性の卵だ。役員を含めて6名という小所帯。これを数年のうちの数十人の規模に増やそうとしている。「遊び」や「子ども」が軸の会社だから、子育てしながら自然体で働けることを目指し、子どもを連れてこられるオフィスや、変形労働時間制を活用した柔軟な働き方なども模索中だ。子どもを虹色にするのは、家族も社会も虹色にすること。そんな壮大な挑戦が今、始まっている。

株式会社 キッズカラーに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 キッズカラーに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 キッズカラー
業界 サービス系 >  人材サービス(紹介/派遣/教育/研修)
サービス系 >  医療・福祉・介護サービス
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • 平均年齢20代
  • 自社サービス製品あり
  • 残業少なめ
資本金 30,504,000円(資本準備金含まず)
設立年月 2010年12月
代表者氏名 代表取締役社長CEO/保育士 雨宮 みなみ
事業内容 保育士支援・子育て支援を軸とするWebサービス、アプリの運営
従業員数 5人
本社所在地 東京都品川区東大井5-26-26

株式会社 キッズカラー資本金30,504,000円(資本準備金含まず)設立年月日2010年12月従業員数5人

期待のベンチャー!社会問題化する保育にいち早く取り組む『HoiClue♪』

Bnr sp354 7
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×
×

「話を聞いてみたい」を送信しました。

企業の担当者からメッセージが届いた場合、Greenのメッセージ画面にてお知らせいたします。
メッセージが届く可能性を高めるために、レジュメの充実をオススメ致します。

プロフィールを充実させる