お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

パナソニックソリューションテクノロジー 株式会社の企業情報

パナソニックソリューションテクノロジー 株式会社

効率的、創造的なITインフラを提供し、快適な社会の実現に取り組む

パナソニックのITソリューションベンダー

今、ITのソリューションベンダーは、数多くある。
だが、しっかりとした基盤を持ち、信頼性・可用性に優れたシステム環境を構築できる会社は多くはない。それでも、パナソニックシステムソリューション株式会社がその数少ない企業の一つであることは自他共に認めるところだろう。

同社の創業は1988年である。松下電器産業(現:パナソニック)製のBEワークステーション販売を担う会社として設立された。その後、米国サン・マイクロシステムズ社と提携し事業を拡大、2001年にはパナソニックグループのソフトウェア開発事業とIAサーバー事業を統合し、今ではIBM社、ヒューレットパッカード社、EMC社など世界屈指の企業と提携し豊富な商材を取り扱っている。

名実ともにパナソニックグループのITソリューションの提供を担う企業としての地位を確立しているのである。

4842

総合力の強み

同社が、パナソニックグループゆえの総合力を持っていることは揺るぎようのない事実だ。最大の強みは、一社の中にあらゆる可能性を秘めていることだろう。様々なプロジェクトを抱え、多くの技術が必要とされ、違ったタイプのチームが存在する。それゆえ、この会社にいる限り、社員は多くの選択肢をもつことができ、自分なりの可能性を追求することができるのである。

東日本SIグループのグループマネージャー村田氏はこう言う。
「エンジニアたちは、それぞれ専門も希望も異なりますし、何年か経って変えたいと思うこともあるでしょう。幸いなことに、私たちには総合力があります。だから社員の希望を聞き入れることが可能なのです。エンジニアは自分の希望と目標に応じてスキルを高め、エンジニアとしてのキャリアに厚みを増していけるのです」

無論、会社は人材育成のためには最大限の助力を惜しまない。多様な形で随時小規模から大規模の研修を行っているし、資格を受けたいという人や合格者には受験費用から合格の際の手当てまですべて面倒を見る。エンジニアを育て上げ、希望する仕事を任せ、その中で最大限の力を発揮できる環境をつくること。それこそが、同社が目指す堅実経営なのである。

1184東日本SIグループ
グループマネージャー 村田 裕雄 氏

信頼という名の技術

パナソニックというと、そのブランド力から高度な技術者集団というイメージがあるかもしれない。たしかにそれは間違いではないのだが、同社は技術力と同じぐらい、いやそれ以上に人やチームを重要視している。

人事グループのグループマネージャー千葉氏はこう説明する。
「エンジニアだから技術力は必要です。ただ、私たちがパナソニックグループであることを忘れてはなりません。パナソニックの精神は『一人一人が創業者』ということです。高度な技術力を持ち合わせれば、それと同様に人間力・チーム力も必要になってくるものです。だからこそ、私たちは技術だけを評価したりサポートするのではなく、その人の人間性というのをとても大切にしているのです」

実際、同社の社員は何かを開発するというよりも、「お客様のために」という精神が強い。村田氏は同社のエンジニアの目指すところとして次のような点を強調している。

「エンジニアには、お客様のビジネスに入り込んでもらいたいのです。お互いの距離を短くして、信頼を勝ち取り、双方にとってより良い環境を整えてもらいたいのです。そうなった時に初めてお客様の望むことができるわけですし、トラブルを避けるのではなく向かう人間になれるのですから」

1185人事グループ
グループマネージャー 千葉 淳 氏

融合による事業創造

今後の展開として望むべくは、事業の「創造的な融合」だという。現在は、大きくITインフラ部門とソフトウェア部門に分かれている。
同社は「トータルソリューションプロバイダー」を目指し、この事業の長所を融合させた上で、さらなる創造につなげていきたいと考えているのだ。一例をあげれば、セキュリティー関連事業への進出である。インフラ部門とソフト部門を融合させることによって、セキュリティー関連事業を確立したいと考えているのだ。

千葉氏は今後求める人材についてこう語る。「望んでいるのは、じっくり腰をすえて物事に取り組んでくれるプロフェッショナルです。当社は早急な利益を求めたり、合理性だけのコミュニケーションなどを求めてはいないのです。ゆっくりと、着実に、真摯に物事に向かってくれる人を望んでいるのです」

その後、千葉氏は社内を案内してくれた。1000㎡ほどの広々とした空間に、すべての部署が仕切りもなく、明るくコミュニケーションをとりながら仕事に励んでいる風景があった。氏はこう言った。

「私たちは、こうした風通しの良い環境の中で伸びてくださる人材を求めているのです」

1186

パナソニックソリューションテクノロジー 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、パナソニックソリューションテクノロジー 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 パナソニックソリューションテクノロジー 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
IT/Web・通信・インターネット系 >  その他IT/Web・通信・インターネット系
資本金 40億円
売上(3年分)
2006年 3 月 期
120億円
設立年月 1988年12月
代表者氏名 代表取締役社長 岡本 博幸
事業内容 UNIX、Windows、LinuxのマルチOSに対応した、システムのインフラ部分に関して企画、提案、構築、保守を行う。具体的には高可用性システム、バックアップシシステムなどを得意とする。
また自社開発のグループウェアをベースに、企業向けのEIP(Enterprise Information Portal)に代表される情報系システムの企画、提案、構築を行う。
株式公開(証券取引所) 非上場
主要株主 パナソニック株式会社
従業員数 -人
本社所在地 東京都 港区芝1丁目7番17号 住友不動産芝ビル3号館

パナソニックソリューションテクノロジー 株式会社資本金40億円設立年月日1988年12月従業員数-人

効率的、創造的なITインフラを提供し、快適な社会の実現に取り組む

この企業が募集している求人

Bnr sp354 1
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×
×

「話を聞いてみたい」を送信しました。

企業の担当者からメッセージが届いた場合、Greenのメッセージ画面にてお知らせいたします。
メッセージが届く可能性を高めるために、レジュメの充実をオススメ致します。

プロフィールを充実させる