お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

常磐システムエンジニアリング 株式会社の企業情報

常磐システムエンジニアリング 株式会社

システム分野における顧客の“パートナー”として信頼を集める

安定した事業基盤を確立したSI企業

常磐システムエンジニアリング株式会社は1981年設立以降、SI事業を進めるなかお客様から信頼が厚く10年以上の付き合いに及ぶ会社も多数存在する。グループ社員約140名を抱え、ISOやISMSの認証を取得するなどお客様から信頼を得る活動にも力を入れている。

業務範囲は大きく分けて4つ。ソフトウェア開発事業、ITコンサルティング事業、パッケージソフトウェア販売事業、そして介護支援システム販売事業である。中でもソフトウェア開発事業が同社事業全体の約9割を占める。

13655システム営業部長 大沼 文彦 氏

金融業と製造業のシステム開発業務が主力

同社事業の大半を占めるソフトウェア開発事業のうち、金融業、製造業案件が6割を占める。この2分野において、パートナーともいえる関係を築いていただいているお客様の存在が大きい。

金融業のお客様である政府系金融機関とは20年ほどの付き合い。元々、大手システム会社を通じて業務に携わっていたが、この金融機関がシステムを再構築する際に同社の技術が求められ、直接取引がスタートし現在に至る。

製造業では大手建設機械メーカーとの関係も10年以上と長い。オランダ、中国、シンガポール、カナダなど海外工場販社におけるシステム開発を手掛けてきたことが強みである

このお客様2社で共通する点は、システムの新規開発からスタートし、現在は維持管理業務をベースとしつつ新規案件に対応する、といった業務スタイルである。

政府系金融機関の業務では主に資金証券業務のシステム構築・保守をベースに、新たな金融商品に伴う追加開発等を構築している。建設機械メーカーにおいてはお客様の業務のグローバル化に伴い、海外システム(生産管理、受発注、在庫管理)などのシステム構築・保守をベースとし、そのつど改善要求に対応する。いずれにおいても新規案件は途切れることなく発生していることから担当メンバーは比較的固定されている。長い年月のなか、お客様の要求に適切に対応し同社からも積極的に提案をする、といったやり取りを繰り返すことで信頼関係を築いてきた。

13652東京事業所エントランス
18676

エンドユーザーとのパートナーシップを大切に

同社は一次受け(直取引)が大半を占め、エンドユーザーに近い立場でシステム構築に携われることが強みであり、社員にとっての働きがいにつながっている。

「当社はシステム開発の最初の提案から関わり、業務パートナーとしての立場でシステム全体を見ることができるのが面白いですね。私も転職組なのですが、そうした部分に惹かれて当社に入社を決めました」(システム営業部長・大沼氏)。

金融業に関しては金融商品の多様化や厳しさを増すリスク管理への対応、製造業に関してはグローバル化と共に変化する技術・知識への対応が求められ、時代と環境の変化を常に見据えながらの業務である。長年積み重ねてきた知識・経験を活かしている部分は大きいが、磨き続ける姿勢が必要だ。常にエンドユーザーと関わり、状況に対応していくことで同社と社員個人のスキルアップにも自然とつながるのである。

こうしたパートナーシップを育んできたお客様との関係継続に加えて、今後は3名いるITコーディネータ有資格者によるシステム監査やITコンサルティング業務の比重を高めていく意向である。現在は証券会社のシステム監査や茨城県の地方自治体のITコンサルティング業務をに加え、関西地域のコンサルティングも手掛け、IT投資に対する評価やコスト削減の取り組みを促進している。地方自治体においては人事異動が前提にあるため、ITスキルを身に付けた人員配置は難しい。そのためITコーディネータによるコンサルティング業務の必要性は高く、他の自治体においても需要が見込まれる。

そのほか、数年後の上場も視野に入れ、体制の強化を図っていく。営業スタッフも社内公募・中途採用を併せて増員し、提案型の営業基盤を築いていく。

13811茨城本社
13657月に1度はミーティングで情報共有

役職名ではなく「さん」づけで呼び合う会社

近年、新卒や第2新卒の採用が増加していることもあり、同社の平均年齢は31歳程度と比較的若い。そしてポテンシャルがあれば国籍も問わないことから全社員の1割程度は韓国人を中心とした外国籍とグローバルな雰囲気も漂っている。

業務ではお客様先にて就業するケースも多いため、社員同士のコミュニケーションは月1回開かれるSI会議や、その他行事、部活動などを通じて行われている。新人歓迎会、忘年会、ボーリング大会などの社員行事は年3回開催され、茨城本社と東京事業所の社員が一堂に集まる。こうした活動については「ときわ会」主催のもと若手社員が企画運営をしている。会社として活動している部活動は、ヤッカー部(野球とサッカーを両方やることから頭文字をとって命名)、釣り部、テニス部がある。

SI企業にとって人材育成は最も重要であると考えているが、最近では論理的思考力を高める研修やSPIN(お客様のニーズを的確に捉え、最適な提案をする)研修、高度情報処理技術者試験の資格取得へのサポートなどにより、社員のスキルアップをバックアップしている。同社の教育の特徴はITプロとしてのスキルだけではなく、ビジネススキル(コンセプチャル・スキル)とヒューマンスキルの向上に力を注いでいることである。更に社員の満足度向上のため、人事評価制度の改善や給与体系の多様化、社員寮の建設などES活動にも取り組み、同社の運営精神である「働きがいのある会社」に向けて活動を進めている。

社員はお互いを役職名ではなく、「さん」づけで呼び合う点が同社の社風を表している。組織の階層が浅く、役員、チーフマネージャー、マネージャー、で完結していることも背景にはある。上司・部下という関係以上に、仲間であるという意識が強い、そんな印象を受ける企業である。

18674東京事業所・社内
40020行事の写真

常磐システムエンジニアリング 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、常磐システムエンジニアリング 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 常磐システムエンジニアリング 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
IT/Web・通信・インターネット系 >  ソフトウェア/パッケージベンダ
IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
資本金 6000万円
売上(3年分)
2013年 10月 期
9.2億円
設立年月 1981年02月
代表者氏名 代表取締役社長 福田 岳
事業内容 アプリケーションソフトウェア開発事業
パッケージソフトウェア企画・開発事業
ITコンサルティング事業
介護支援システム販売事業
株式公開(証券取引所) 非上場
主要株主 役員
従業員数 100人
平均年齢 31.0歳
本社所在地 茨城県 【東京事業所所在地】東京都台東区寿二丁目10番13号 田原町シティビル6階

常磐システムエンジニアリング 株式会社資本金6000万円設立年月日1981年02月従業員数100人

システム分野における顧客の“パートナー”として信頼を集める

Bnr sp354 11
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×
×

「話を聞いてみたい」を送信しました。

企業の担当者からメッセージが届いた場合、Greenのメッセージ画面にてお知らせいたします。
メッセージが届く可能性を高めるために、レジュメの充実をオススメ致します。

プロフィールを充実させる