お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 エフアイシーシーの企業情報

233885

株式会社 エフアイシーシー

本質的なブランド価値を世の中に届けるマーケティングエージェンシー

日本でも有数のブランドマーケティング企業

ブランドマーケティングを行うエージェンシー、それが株式会社エフアイシーシーだ。クライアントのブランド戦略やマーケティング戦略に対して、企画立案から施策実行までをワンストップで担う企業である。10年以上にわたり多くのブランドを支援してきた実績と、その中で培ってきたブランドマーケティングのフレームワークとノウハウを基にクライアントのビジネス課題を解決していく。そのクライアントは誰もが知る大手有名企業ばかりで、数多くのリーディングブランドを手掛けている。

同社の設立は、2004年。元々は、アートディレクターである取締役会長の荻野英希氏が立ち上げた広告制作会社だ。設立当初からクライアントとの直接取引にこだわり、斬新なデザインによってブランドのクリエイティブを担ってきた。そして時代の変化に伴い、徐々に取り組む領域を拡大し、マーケティングを軸に、数多くのブランドのビジネスに貢献する企業となった。

その取締役会長の荻野氏は、幼少の頃から香港やアメリカ、フランスなど海外生活が長く、4ヶ国語が話せるという。また、今回取材した代表取締役の森啓子氏、同じく取締役の戸塚省太氏もアメリカやイギリスなどで学生生活を送っている。グローバルでの経験が長いメンバーが多いこともあり、同社には設立当時からグローバルで戦う外資系クライアントの実績も多く、外資レベルのマーケティングノウハウが蓄積されている。そのため同社は、広告代理店やコンサルティング会社とは異なるポジションを確立している日本のマーケティング業界の中でも稀有な存在だ。

同社が大切に考えていることを森氏に伺った。
「設立当初から当社が大切にしているのは、本質的なブランドの価値を世の中に届けていくことです。そのため、ブランドの定義やどういう戦略を描くべきかといったコンサルティングも多く手掛けています。そして、ブランディング施策やプロモーション実行も担うことで、施策の効果をデータで把握・分析し、戦略に戻していく。こうしてブランドマーケティングの上流から施策までを一貫してサービス提供することを大切にしています」

例えば、ブランドの機能だけを消費者に伝えるようなマーケティングは変わらなければいけないという。ブランドが商品を通じて消費者にどんなベネフィットを提供するのか。なぜそのブランドがそれを行うのか。そのストーリーをしっかりと作ることによって、ブランドの本質を価値として伝えることで消費者の心は動くのだ。

301728取締役会長 荻野 英希氏
2004年に株式会社エフアイシーシーを設立。現在は株式会社エフアイシーシーの取締役会長として、日本のリーディングブランドにマーケティングマネジメントの指導や、ブランドマーケティングのコンサルティングを提供。
297402代表取締役 森 啓子氏
米国の大学(Bachelor of Arts 学士)・大学院(MFA 修士)を卒業。米国デザイン・広告会社で勤務後、2005年 株式会社エフアイシーシーへ入社。グローバルブランドのデジタルマーケティング戦略、プロモーション施策、ブランディング施策を多数担当。現在は株式会社エフアイシーシーの代表取締役。
278446

リベラルアーツという考えを軸に、学びや知識によって日本の社会課題を解決する

現在はさまざまな業界でリテールが強くなり、世間にはノーブランド商品が溢れている。その結果、価格競争が加熱し安価なものが良しとされ、本来ブランドが消費者に対して提供できるベネフィットやブランドの意味がなくなり、日本の人口の縮小と共にマーケットも縮小してしまう。こうした状況を変えていくため、ブランドが持つ独自のベネフィットやストーリーを消費者に届けることで、日本の経済や社会をより良い状態にしていくことを目指している。

「価格競争で市場が縮小していくこともあり、ブランドのマーケターも“機能面のみを訴求するマーケティングの手法に課題を感じている事が多いですね。本来、ブランドが消費者に与えられること、社会に与えられる影響はもっと大きいと思います。市場を拡大するだけではなく、社会を変えられるくらいのパワーを持っているからです」。(森氏)

アメリカ経験の長い森氏によると、アメリカという国は社会的課題が“見える化”しているという。人種、性、貧富の差など、選挙においても、各ブランドがこうした社会的課題に自らのスタンスを示している。日本はブランドが社会に提供できる価値にまだまだ機会がある。

「日本は社会的課題がまだまだ“見える化”されていないという課題もありつつ、日本でもブランドが消費者へのベネフィットの提供を通じて社会に貢献する、そんな日本の未来を実現したいと思っています。そんなビジョンを実現し、日本の未来を創造するために、リベラルアーツに基づく“価値創造”を当社の文化とし、独自の価値提供を通じたビジネスをしています。」(森氏)

リベラルアーツは「人を自由にする学問」として古代ギリシャ・ローマに誕生した「自由七科」が起源であり、現代では “Arts & Science”の考え方に基づく学びである。「人文学・社会科学・形式/応用化学」といった”Arts”に定義される学問と、「自然科学」である”Science”に定義される学問を学際的に融合することにより、未来の価値創造を可能にし、自由な思考力を身に付けることができる理想的な学びであると世界的にも注目されている。世界最大の英文ビジネス誌”FORTUNE”が選ぶトップ500に選ばれた企業のCEOの約3分の1はリベラルアーツ教育出身者と言われるほど、世界を代表するビジネスリーダーの多くがリベラルアーツ教育を受けている。
同社では、あらゆることに興味と学びを見出し、自由な思考で、知識を価値として創造する「学際的リベラルアーツ」という考え方を大事にしている。

同社では、こうした学びを社員全員が大切にすることで、既存の広告業界のサービスやビジネスにとらわれない新たな価値を創造し続け、クライアントへの価値提供を通じた、意義ある仕事を実現している。「FICCなら、縮小し続けるマーケットの課題に対して、パートナーとしてビジネス成長に貢献するブランドマーケティングを提供してくれる」と、現在は国際的な大手企業のブランディングも任されている。さらに、日本国内の大手有名クライアントに対しても、「日本のマーケティングのあり方を変えていきましょう」と提案しているという。学際的リベラルアーツの学びから、未来に繋がる価値を創造し、業界のあり方を変え、さらにはマーケティングを通じて、社会を変えていく。そんな未来を実現するために活動しているという。

297408ポジション関係なくチームメンバーそれぞれがクライアントに対して価値提供を行う視点を持ち、さらにチームとして集まることで「クライアントにとって本当に価値あるものは何なのかを、学際的に考え抜く」というマインドセットが形成されている。
297421背景にあるエフアイシーシーのロゴは、行動指針の「FIND A BETTER WAY」のように「学び続け、変わり続けていく」様を、細さや長さの違った様々なラインで表現した結果、その線がFICCの "F"に見える部分の3本ラインを切り取った部分をロゴとして採用した。FICCの"F"と常に進み続け進化し続ける姿勢を表している。
301226

相手を理解し認め合い、多様性を掛け合わせ、新たな価値を見出す

すでにお伝えしたように、リベラルアーツにはさまざまな分野を融合させて自分の興味あるものを追求し、新しい発見や価値を見出すという考えがある。こうした考え方から、エフアイシーシーでは課題に対して「学際的にアプローチすること」も大切にしているようだ。

「温故知新のような考え方でもあるのですが、新しい発見は既存の知識の掛け合わせからしか生まれないといわれています。知識を掛け合わせていくことで、これまで気付かなかった新たな発見がある。さまざまな分野の知識を学んで、それを取り入れていく。学びの可能性を限定せず、様々な分野から得られる学びを価値に変えていく、学際的アプローチを行うのが当社の特長です」。(森氏)

海外のアカデミックな環境では、会話を通じてお互いの意見を掛け合わせていくことも大切な学際的アプローチとされている。そのため、一人ひとりが持っている視点が重要で、会話を通して新しい知識に変えていく。また、このアプローチは、お互いを尊重することにもつながっていくという。こうした考え方は、「相手を理解し認め合い、多様性を掛け合わせ、新たな価値を創造する」という同社の行動指針にも表れている。

「当社で活躍しているのは、学びに対して前のめりになれる人です。過去にあるものをなぞるのではなく、新しい視点や学びをさらに入れられないかとチャレンジすることに尻込みしない人ですね。新しい学びを喜びにつなげて、学ぶことすら自らにドライブをかけることができる。学ぶ喜びを知っている人は、どんな環境の中でも生きていけるはず。当社ではそういった人間力を大切にしています」。(森氏)

また、同社では社員の主体性を大切にしている。海外経験が長い3名の経営者は、主体性を発揮することが当たり前の環境にいて、そのパワーに価値があることを実感しているという。そのためトップダウンではなく、社員ひとりひとりが、学びや価値創造に対して主体性を持った組織を目指している。

最後に求職者に対するメッセージを森氏に伺った。
「過去から継承した知識を大切に、その時代の環境や社会的課題に対して、新しい視点を持って知識を掛け合わせ、より良い社会の実現のために価値創造をする。そしてその知識を、また未来の人へとバトンのように繋げていく。テクノロジーやAIが進化している時代だからこそ、この学際的リベラルアーツの本質が、人としての強みであり、より良い社会と未来の実現に欠かせない、意義ある仕事であると私たちは信じています。人生の中で学びとは何か。意義ある仕事とはどういうことか。そういうことを考えている情熱ある人が一人でも多く、エフアイシーシーと出会い、ジョインしてくれることを願っています」。(森氏)

301228取締役 戸塚 省太氏
大学卒業後、イギリスの大学院にてジャーナリズムを専攻。卒業後、2005年に株式会社エフアイシーシーへ入社。グローバルブランドのプロモーション施策やブランドサイトのクリエイティブディレクションを多数担当。現在は取締役 CRO(Chief Resource Officer)としてブランディングや人事などを担当。
301227”学び”を大切にしているエフアイシーシーでは、社員が主体的な学びやインプットができるようライブラリーや自己啓発のための支援を積極的に行っている。社員ひとりひとりが、学びや価値創造に対して主体性を持った組織を目指している。
233891

株式会社 エフアイシーシーに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 エフアイシーシーに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 エフアイシーシー
業界 マスコミ・エンターテイメント・メディア系 >  広告・デザイン・イベント
IT/Web・通信・インターネット系 >  Webマーケティング・ネット広告
コンサルティング・リサーチ >  経営/ビジネスコンサルティング・シンクタンク
企業の特徴
  • 残業少なめ
資本金 1,750万円
設立年月 2004年02月
代表者氏名 代表取締役 森 啓子
事業内容 FICCはブランドマーケティングのプロフェッショナル集団として、東京と京都にオフィスを構え、多数のナショナルクライアントに対してマーケティング戦略立案・コンサルティング、プロモーション施策の企画・実行など行っています。
株式公開(証券取引所) 非上場
主要取引先 アイリスオーヤマ株式会社
株式会社ウンナナクール
ELCジャパン株式会社
江崎グリコ株式会社
株式会社エヌ・ティ・ティ・アド
株式会社オグラ
エーザイ株式会社
大塚食品株式会社
株式会社カネボウ化粧品
株式会社サントリーコミュニケーションズ株式会社
島村楽器株式会社
タキイ種苗株式会社
株式会社サバース
資生堂ジャパン株式会社
シック・ジャパン株式会社
株式会社ストッケ
積水ハウス株式会社
東急株式会社
ネスレ日本株式会社
パナソニック株式会社
株式会社プレナス
ボシュロム・ジャパン株式会社
株式会社マクアケ
株式会社Mizkan
UCC上島珈琲株式会社
ライオン商事株式会社
従業員数 54人
平均年齢 34.4歳
本社所在地 東京都港区赤坂3-11-3 赤坂中川ビルディング2F
233885

株式会社 エフアイシーシー資本金1,750万円設立年月日2004年02月従業員数54人

本質的なブランド価値を世の中に届けるマーケティングエージェンシー

この企業が募集している求人

377148
ブランドを強くする。FICCのブランド強化組織でコンサルタントを募集
【東京】ブランドマーケ・コンサル

FICCは、主に日本のナショナルクライアントのブランド戦略・マーケティング戦略の構築から施策の実施まで、広い領域でマーケティング活動を支援しています。 今回は、そのなかでもクライアントが持つ「ブランド」の強化をお手伝いするブランドエクスペリエンスクリエイティブ事業部(以降BX事業部)で仲間を募集しています。 BX事業部のミッションは、クライアントとともに強いブランドを創り上げるこ...

441721
ブランドと伴走し、ビジネス成功に導くマーケティングコンサルタント募集!
【東京】マーケティングコンサルタント

今回募集対象のメディア・プロモーション事業部は、日本のナショナルクライアントを中心としたブランドの生活者向けコミュニケーションを一貫して支援している部署です。その中でも、生活者を捉えながらブランド独自のマーケティング戦略立案やコンサルティングを提供するマーケティング戦略部門で、マーケティングコンサルタントを募集しています。 マーケティング戦略部門が価値提供を行うブランドマーケティングの...

441718
中長期的な視点で自社のマーケティングを推進するWebディレクター募集!
【東京】Webディレクター

●経営と事業のハブとなり、FICC自社のマーケティングを推進 今回の募集は、2020年度から新しく立ち上がった「経営推進サポート」のプレイヤーポジションです。 経営推進サポートは、FICCが描くビジョン推進と事業のビジネス成長の両方が実現できるよう、経営と事業との間に位置し、縦横にさまざまな部門と連携しています。 役員直下にてFICC自社のマーケティングを推進し、また各事業の事業部...

431545
ブランドを活かしながらマーケティング戦略まで関わる。アートディレクター募集
【東京】アートディレクター

今回募集対象のメディア・プロモーション事業部は、日本のナショナルクライアントを中心としたブランドの、対消費者向けのコミュニケーションを一貫して支援している部署です。マーケティング戦略立案サポート、体験設計、プロモーション実行までの領域をカバーしています。 今回はその中でも「ブランドマーケティング」の考え方のもと、ブランドに一貫し、ブランド資源として蓄積していける高品質のクリエイティブを...

431552
ブランドマーケティングの上流から関わるメディアプランナー募集!
【東京】メディアプランナー

今回募集対象のメディア・プロモーション事業部は、日本のナショナルクライアントを中心としたブランドの生活者向けコミュニケーションを一貫して支援している部署です。 今回はその中でも、広告やブランディングにおける生活者向けコミュニケーションを企画する体験設計部門で、マーケティング戦略を理解しながら施策立案(タッチポイントの策定)およびメディアプランの立案ができるメディアプランナーを募集しています...

431551
ブランドと人との関係を生み出すクリエイティブプランナー募集
【東京】クリエイティブプランナー

今回募集対象のメディア・プロモーション事業部は、日本のナショナルクライアントを中心としたブランドの生活者向けコミュニケーションを一貫して支援している部署です。 今回はその中でも、広告やブランディングにおける生活者向けコミュニケーションを企画する体験設計部門で、クリエイティブコンセプトの設計や企画アイデアの立案ができるクリエイティブプランナーを募集しています。 FICCではブランドマー...

残り3求人をみる
×